観光案内
観光案内 > ワイン > Cote de Bourg/de Blaye(コット・ド・ブルグ/ド・ブライユ)
Cote de Bourg/de Blaye(コット・ド・ブルグ/ド・ブライユ)
メドック地区、サンテミリオン地区、グラーブ地区などと比べると少し地味な地域ですが、ブドウ栽培の歴史はなんとローマ時代まで遡ります。
Cote de Bourg のワインは一般的にタンニンの強さとブーケの強烈さに定評がありますが、地質の性質が変化に富んでいるために一概には言えません。
”Roc de Cambes"は近年高い評価を受けており値段も98年のもので40ユーロ(約5,400円)と他の有名地域と比較しても引けをとりません。それ以外にも評価は比較的高いのですが、お手軽な価格で買えるワインに、18世紀のシャトーが残る"Ch de Barbe"、同地域で最も内陸部にある”Ch Haut-Maco”などがあります。
Blaye地区はアペラシヨンでは”Premieres cotes de Blaye”又は"Cote de Blaye”という地域に属します。
この地域のワインの特徴は柔らかさとフルーティさにあると言われています。
この地域もお手軽な価格で品質のよいワインがたくさんあり、根強いファンを持っています。
1887年に農業大臣によって創立された"Ch Segonzac"は1本約13ユーロとこの地域では少し高めですが、お買い得ワインの一つです。それ以外にも専門家の評価が高い”Ch Bel-Air La Royere”、”Ch les Jonqueyres"、”Ch Haut Bertinerie”等があります。
この地域には公式な格付けはありません。

Cote de Bourgのブドウ畑。Cote de Bourgはドルドーニュ川右岸、Premieres cotes de Blayeはジロンド川に面しています。

ドルドーニュ川を見下ろすように建っているバロック様式の"Ch Tayac"。このシャトーのワインも専門家から高い評価を受けています。

Ch Tayacのすぐ隣にあるCh Eyquem。ドルドーニュ川を見下ろすようにブドウが植えられている。


【Trans Nation -トランスネーション-】お気軽にお問い合せ・お申し込みください