観光案内
観光案内 > 見る!(ボルドー郊外) > バスク地方見どころ
バスク地方見どころ
お勧めのコース(1日の場合)
バスク地方を訪れるなら、絶対に夏に限ります。朝早くにボルドーを出発し、午前中にバイヨンヌで生ハム試食や観光をし、お昼はビアリッツで大西洋を見ながらのランチや名物バスク料理を食べるのがいいと思います。午後からはミシュランガイドに2つ星の観光地(サンテミリオンは2つ星、メドックは1つ星)として紹介されている景勝地”リューヌ山”の登山列車を体験してみて下さい。

バイヨンヌの町並み。
色とりどりの建物が川沿いに並んでいます。

”トゥロン”。本来スペインのものでしたが、南仏一帯に広がったマジパン菓子です。バスク地方のものは柔らかい半生のものが一般的。

バイヨンヌ名物の生ハム。トウモロコシで飼育した特別な豚のもも肉に、塩や唐辛子などで下味をつけ半年から1年間乾燥・熟成させた世界的名産品です。


バスク地方を代表するお菓子の一つ”ガトーバスク”。ラム酒風味のカスタードクリームが入ったもの等もありますが、本来はブラックチェリーを入れるのが伝統的です。

ビアリッツの海岸線”グランプラージュ”。左端には最高級リゾートホテルである”ホテル・ドュ・パレ”があります。ハネムーンにはピッタリかも?

ビアリッツの中心部はカジノ付近に集まっています。有名ブランド品のお店ばかりでなく、バスクの名産品である、唐辛子やブラックチェリージャムを売るお店なども数々あります。


ビアリッツにある岬。
ここの先端部分からはビアリッツの海岸線やビアリッツ独特の高い波、波間に揺れるサーファー達などが見ることができます。

ビアリッツにある市場。
野菜を始め、ガトーバスクやベレ・バスク(ベレー帽型のチョコレートケーキ)なども販売されてます。

ビアリッツから車で約40分のところにリューヌ山があります。標高は900mほどで、登山列車が出ており、頂上からはビアリッツやスペインの町並みが見渡せます。下の駅はフランス、頂上はスペインに含まれます。


【Trans Nation -トランスネーション-】お気軽にお問い合せ・お申し込みください