観光案内
観光案内 > 食べる! > デザート&チーズ
DESSERTS & FROMAGES(デザート&チーズ)
デザート
La Tupina

Canneles(カヌレ)
ボルドー発祥のお菓子。16世紀頃にシスターによって作られていたのが始まりだと言われています。レストランでおいてあることはあまりありませんが町のパン屋さんやケーキ屋さんなどで販売されています。(右上写真)ボルドー市内のショッピングセンター”グランゾム”の中にあるバイヤルドランというお店のカヌレ。お土産用にきれいに包装したものも置いてある。

Gateau basque
(バスク風ケーキ)
柔らかいタルト生地の中にラム酒風味のカスタードクリームが入ったバスク地方伝統のケーキです。ボルドーでは高級レストランよりも気軽に入れるカジュアルなレストランによく置いています。

Macaron
(マカロン)
サンテミリオン地区の銘菓として、サンテミリオン村でよく販売されています。マジパンに砂糖と卵白を加えてオーブンで焼いたお菓子。

チーズ
フランスはチーズ王国。チーズの種類の豊富さには驚かされます。スーパーマーケットなどのチーズコーナーに行くと、プラスチックで仕切られた場所の中に様々なチーズがおかれています。量り売りですので、自分が欲しいと思ったグラム数をいうと切り分けて包んでくれます。またそれ以外にも既に包装されているチーズもあります。
チーズはよく食後にワイン等と一緒に食べられます。人を呼んだりするパーティなどの時には何種類かのチーズをお皿の上に用意して各人が切り分けながら食べます。 "Munster"というアルザス地方を代表する牛乳製ウォッシュチーズはフランスでも匂いが強烈なことで知られており、フランスのチーズの中でも一番匂いが強烈なチーズの一つと言われています。
アキテーヌ地方、特にピレネー山脈に近いミディピレネー地方ではヤギ乳や牛乳から作られた様々な種類のチーズがあります。
L'Estaquade

Camisard(カミザー)
ミディピレネー地方のヤギ乳のフレッシュタイプチーズ。

Ossau Iraty(オッソーイラティ)※右写真
アキテーヌ地方の雌羊乳のチーズ。非加熱圧搾タイプ。

Pyrenees Melange(ピレネーメランジュ)
アキテーヌ地方のチーズで原料は複数の種類がミックスされています。半加熱処理圧搾タイプ。

Pyrenees Vache(ピレネーバッシュ)
アキテーヌ地方の牛乳のチーズ。半加熱処理圧搾タイプ。

Rocamadour(ロカマドール)
アキテーヌ地方、ミディピレネー地方のヤギ乳のフレッシュタイプチーズ。

Tomettede Bredis(トメットゥドブルディ)
アキテーヌ地方の雌羊乳のチーズ。非加熱圧搾処理タイプ。

【Trans Nation -トランスネーション-】お気軽にお問い合せ・お申し込みください