観光案内
見る!(ボルドー市内)
1 カンコンス広場(Place des Quinconces)
ガロンヌ川に面した面積12万m2もある広大な広場で広場としてはヨーロッパ一を誇ります。広場にはジロンド派を追悼する記念碑があり、その下部は噴水になっています。
1793年、この広場にギロチンが置かれ、ロベスピエールの恐怖時代に22人のジロンド党員が処刑されました。 一隅にはモンテーニュの像が立っています。
ここではよく催し物が開かれます。アンティーク市場が開催されたり移動式遊園地が来ていたりと様々ですので、是非お見逃しなく!
またこの正面のガロンヌ川沿いにガロンヌ川遊覧船乗り場があります。 私は普段はめったに足を運びませんが、催し物が行われている時はよく行きます。特にアンティークの市場では、様々なワイン用のグラスが売られていたり、暖炉で鳥の丸焼きを作る昔の機械が売られていたりと結構掘り出し物に出会います。
この目の前のガロンヌ川沿いにガロンヌ川観光船の事務所があります。ここからでる船でガロンヌ川、ドルドーニュ川、ジロンド河口を遊覧できます。
2 シャルトロン地区(Chartrons)
町の北側にあるシャルトロン地区は以前はワイン商が集まった地区であり彼らの邸宅や倉庫が集まっていた場所です。今でも18世紀の立派な建物がそのまま残っており、ノートルダム通り(Rue du Notre Dame)にはアンティークショップがたくさん集まっています。
近くには18世紀頃のワインの注文書や写真が展示してあり、ボルドーのワインの歴史を垣間見ることができるシャルトロン博物館があります。
ガロンヌ川に面している所では多くのオープンテラスのカフェが並んでいます。
またこの地区には現地の日本人や中国人、韓国人等のアジア系の人々が利用するボルドーで一番大きなアジア食店"EURASIE"があります。
ボルドーで一番美味しいケーキ屋さんの一つに数えることができる”Antoine”。このお店はボルドー在住の日本人女性の方から是非とも紹介してみたらと教えていただきました。その後知り合いのフランス人に聞いてみると、ほとんどの人が知っているというぐらい有名なお店でした。実際にケーキを買って食べてみると本当に美味しい!
甘い物好きな人は是非ともお試しください。場所はシャルトロンですので、特にクラレやシャトーシャルトロンにご宿泊の方は歩いていける距離です。
上のケーキ屋さん"Antoine"のすぐ目の前にある、お店。このお店もボルドー在住の方から紹介していただきました。
お店にはフォワグラや生ハム、サラミ等が売っているそうです。特にハムやサラミが美味しいらしく、またお店で真空パックにもしてくれるため、この方は日本に住む知り合いの人にも時々送っているとか。私はまだ試したことがありませんが、是非とも試してみたいお店
(注意:8月末まではバカンス休暇で閉まっています!)
3 カピュサン市場(marche de Capucins)
ビクトワール広場の近くにある屋根付のマルシェ。ここには新鮮な野菜、魚、肉といったものが並んでいます。ここには新鮮な素材以外にも様々な肉加工品や瓶詰めにされた手作りのフォアグラ、また食べ物以外にも服や小物も売られており、旅行者の方でも楽しめます。
日曜日は多くのお店が閉まっているので、ショッピングには不便なので、そんな時は朝ここに来て市場を見て回って、すぐ近くにある下のサンミッシェルの蚤の市に行ってはどうでしょうか?
お肉屋さんのコーナーでありとあらゆる種類の肉加工品が並んでいる。試食が出来る場合もあります。 買う場合はグラム数を言って買うことがほとんどですので、ちょっと面倒なのが難点です。
4 サンミッシェル地区(Saint Michel)
ここはボルドーに住むアラブ系の人々が多く暮らす地域です。そのためトルコ料理や北アフリカ料理のレストランや小物を売るお店が多く集まっています。毎週日曜日はこの広場で蚤の市が行われ、服や小物など様々なものが売られており地元の人たちで賑わっています。日曜日にはここで、食料品・古着・骨董品などが売られる市場が開かれ多くの人が集まります。
この近くのトルコ食材店で売られているお菓子”バクラバ”は、シロップがたくさんかかっているためとても甘い!→
週末は賑やかだが、平日はあまりお店も出ていない。週末に訪れる際はスリに気をつけてください(実際、私の知り合いも財布をスラれました)。
5 ビクトワール広場(Place de la Victoire)
ここはヨーロッパ一の長さを誇る歩行者天国であるセントカトリーヌ通りの南端にある広場で、アキテーヌ公の誕生を祝って建てられたアキテーヌ門があります。
この近くにはステュディオと呼ばれる大学生用のアパートが多くあるため、多くの学生かここの広場にあるバス停から大学まで通っているためにバス停にはいつも人だかりが出来ています。
こういった事情からこの広場の周りには学生が集うカフェやバー、レストランなどが多く集まっており、週末の夜などは多くの人で賑わいます。
特にボルドーのサッカーチーム"Les Girondins"(かつてはあの有名なジダンも所属していた)の試合があった日などは多くのサッカーファンが試合後この広場にやってきてお酒を飲んだり、雑談したりしています。またこの広場付近にあるバーなどでは大きなスクリーンを店内に設置して試合を見ながら、食事をしたり、飲んだりできます。
6 セントカトリーヌ通り(Rue Sainte-Catherine)
全長1,145mとヨーロッパで最も長い歩行者天国。両端には様々なお店が並び平日、週末ともに多くの人で賑わっています(日曜日はほとんどのお店が休み)。 この通りにはオープンテラスのカフェやレストランもたくさんありますので買い物に疲れた時にちょっと休憩してみては?
セントカトリーヌにある19世紀に建てられたアーケード、ギャラリーボルドレーズ。とてもレトロな感じで、中にはカフェもある。お店も何件かあるがイマイチ。
”DONER&PATATOES"というセントカトリーヌにあるトルコ風サンドイッチ屋さん。本物のトルコ人が作るサンドイッチです。サンドイッチと言ってもかなりなボリュームがあるので、注文するときは気をつけてくださいね。
お店の中は比較的小さいですが、外に並べられているテーブルでも食べることができます。またお持ち帰りも可能です。お店の人はみんな親切ですが、ちょっと恥ずかしがり!
このお店の一番のお勧め"DONER KEBAP"(ドネーケバブ)、3.1ユーロ 。中には牛肉、レタス、玉葱等ボリューム一杯!アツアツのまま食 べるのが一番美味しいです。中に入れるソースをマヨネーズ、トルコ風ソースと選ぶことができます。辛い物好きな人はトルコ風ソースを多めに。
このお店でうれしいのは、言葉が分からなくても写真で選べるために、注文しやすいことです。
Laurent&Delphineという主に有名ブランド品の中古品を売っているお店。セントカトリーヌ通りから少し奥に入ったrue des Ayresにあります。地元のフランス人だけでなく、多くの留学生も買い物に来たり、洋服を売りに来たりするそうです。 ここの店主であるLaurentさんのこだわりは”中古でも高品質なものを”。そのためにお店においてあるブランド品の服などは中古であるにも関わらずとても高品質。
お店には中古の服以外にも、新品のものも多く売られています。またボルドーブランドの服なども売られており、とても面白い!
セントカトリーヌ通りに交差するCours d'alsace et Lorraineを少し西に入ったところにある、セントアンドレ大聖堂。大きな建物ですので遠くからでも見えます。 全長124m、幅44m、高さ約30m、ロマネスク様式のこの教会は12世紀頃に建てられたといわれています。Porte Royal(王の門)に見られる”最後の審判”はゴシック彫刻の傑作とされています。
7 ブルス広場(Place de la Bourse)
ブルス広場はガロンヌ川の側にあり旧証券取引所や税関などの18世紀中期の美しい建物に囲まれた広場です。ここは夜になるとライトアップされとてもロマンチックな雰囲気になります。(現在、残念ながら広場は工事中ですが、建物を見ることはできます) この近くは夜になるとライトアップされとても綺麗ですので、ガロンヌ川の散歩道を少し散歩してみてはいかがでしょう? またライトアップされた景色を見ながら食事が出来るレストランが近年、対岸にオープンし地元の人の間で流行しています。 この目の前には観光船船着場があります。
この派手な館はガロンヌ川沿いをボルドーサンジャン駅に向かっていったサンジャン橋の近くにあります。 なんとその歴史ある作りからは想像できませんが、中をすべて改造してディスコに!
8 大劇場(Grand theatre)
全長88m、幅48m、高さ19mのこの建物はフランスで最も美しい劇場と言われ、18世紀後半に建築家ヴィクトル・ルイによって建てられました。正面上部には12の女神像(9つの文芸美術を司る女神”ミューズ”、美と愛の女神”ヴィーナス”、”知識・芸術の女神”ミネルヴァ”、光と婚姻の女神”ユノ”)が並んでいます。
ここからボルドー市内の歩行者通りであるセントカトリーヌが始まります。またこの近くには旅行者に便利な観光局や様々なワインが売られていることで有名なランタンダンやビノテックなどがあります。
大劇場のすぐ近くにある高級ディスコ”Le Monseigneur”にはサッカー選手や多くの俳優が好んで訪れることで有名です。曜日によっては仮装パーティなども開かれています。
【Trans Nation -トランスネーション-】お気軽にお問い合せ・お申し込みください